企業理念
 私たちは、コンピュータや電子書籍・携帯電話などの情報端末から、家電製品に至るまで、ネットワーク化が進む情報社会を迎えています。 そのキーテクノロジーとなっている電子エレクトロニクス技術。
 私たちソーワもこのエレクトロニクスの分野で「新しい技術への挑戦と高品質製品の提供」を企業理念として活動してまいりました。
 ネットワークの中心である液晶ディスプレーやブルーレイレコーダなど映像・音響製品等の周辺機器製品を部品・製品の設計から組み立て完成まで、 少量多品種に対応した一貫生産を行い、その優れた生産性と信頼性に高い評価を頂いております。
 私たちはこれまで培ってきた高周波技術を礎に更なる技術の充実と人材教育を計り、 ますます広がるエレクトロニクスの未来へ可能性を追求してゆきたいと考えております。
 会社概要
社名ソーワ株式会社
設立1988年12月
資本金2,000万円
代表取締役社長島田 邦明
取引銀行三井住友銀行 横浜支店
横浜銀行   菊名支店
 営業品目
高周波部品(チューナ、分配器、RF-SW)
放送機器(送・受信機など)
OEM製品
カスタマー製品の設計・製造
金属・樹脂部品の設計・製造
 所在地
本社 神奈川県横浜市港北区菊名7-8-1
電話 045-421-1371(代)
アクセス 東急東横線・JR横浜線菊名駅下車 徒歩10分
地図
入間工場 埼玉県入間市根岸433-1
電話 04-2936-4314(代)
アクセス 西武池袋線入間市駅下車 タクシー10分
地図
 沿革
1955年東京都品川区に電気通信部品の生産を目的として大和通信工業株式会社を設立
1960年テレビチューナの生産を開始
1967年社名をソーワ株式会社に変更
テレビアッセンブリの生産を開始
1968年カラーチューナの生産を開始
1974年RFモジュレター、ブースターの生産を開始
1977年カラー電子チューナの生産を開始
1987年UL認証取得
ビデオセレクター、LCDモニター生産を開始
1988年大量生産から、少量生産へ体制を変更する
1991年800MHzワイヤレスシステムの生産開始
1995年放送機器OEM設計・生産開始
1999年LCD-TV用小型チューナの量産開始
2002年車載用チューナ生産開始
2003年ソニーグリーンパートナー取得
2004年VIF回路内蔵チューナ生産開始
2008年防災ラジオのODM生産開始
2010年放送機器ソーワオリジナル品の設計・生産開始
▲ページトップへ